KFM

 

流通・ファッションビジネスコンサルタント小島健輔の最新情報

NEW!!

Suit Industry Struggles to Find Right Market Fit

21年4月18日のNHK WORLD-JAPANで世界に放映されました。
174771148_1605102936352419_2299395168497803439_n 174468329_1605102999685746_8191484352294963533_n       

『売上減過去最大の百貨店
EC導入も課題あり、活路はどこに?』

21年4月13日のForbes Japanに私のインタビュー記事が掲載されました。
40817599c192618d7c300c9813ff588796c17

              
『しまむらの復活は本物か』小島健輔リポート53

WWD JAPAN.com 21年4月13日掲載
171481410_1602012519994794_4948480879435668540_n

        
『「エコ商品」はほんとうに地球に優しいか…?

日本人に知ってほしい「意外な真実」』

現代ビジネス21年4月6日掲載

                              
『新経営陣はユナイテッドアローズを再建できるか』
小島健輔リポート52

21年4月5日WWD JAPAN.com 掲載
168497073_1596121693917210_4339648617255346040_n

        
『アパレル業界で話題騒然!
いまどき客が殺到する「オフプライスストア」は
本当に“救世主”なのか?』

現代ビジネス3月27日掲載
165613774_1589881817874531_7839417449047106672_n

        
『「正しいこと」ってな〜に?』

Facebook2021年01月27日投稿

         
『ライバル総倒れでユニクロが世界第一位に・・・?』

現代ビジネス3月23日掲載
164025536_1587029351493111_8141380471593270371_n

            
日本のオフプライスストアは離陸できるのか
「アンドブリッジ」最大店舗に見る突破口』

WWD JAPAN.com 21年3月18日掲載 小島健輔リポート51
161542060_1583426505186729_8048457257231175079_o

 需要に倍する供給にコロナ禍の販売激減が加わって過剰在庫があふれる中、オフプライスストアの出店が加速しているが、売れ残り品や過剰在庫をかき集めた品ぞろえでは魅力に乏しく、必ずしも期待通りの売り上げにはなっていない。そんな中、意図したマーチャンダイジングで選択的に調達する「アンドブリッジ」は顧客の支持を得て出店を加速しつつある。3月13日に開店した450坪級の最大店舗、ニューポートひたちなか店(茨城県)に突破口を探ってみた。

          
『ユニクロ9%「一斉値下げ」で狙う
アジア・国内のライバル“掃討作戦”』

ダイヤモンド・オンライン21年3月18日掲載
162007049_1583405091855537_3573891277947115004_o 

詳しくはこちらから。

          
『2020年統計に見る悲しい現実
日本は貧乏になり衣料消費は20年間で半減した』

WWD JAPAN.com 小島健輔リポート50(21年3月9日掲載)
158279496_1576581479204565_4984049896733472366_o

               
『アパレルの終焉と再生』(朝日新書)

129311855_1509013945961319_3876165588591135185_o

 私が長年に渡り追求して来たアパレルビジネスを総括して再生を問う本がようやく出版されました。コロナ禍での生き残りドキュメントに始まり、裏付けデータ図表も揃えて痛恨の堕落を総括し、日米の最新事例から再生のシナリオを提ずる229ページの力作です。来週末には書店にも並びますが、アマゾンなどで予約購入も始まっています。本体790円+税とお手頃な新書判ですので、是非ともお買い求めください。

詳しくはこちらから。

流通・ファッションビジネスコンサルタント小島健輔の論文

      
最新論文のバックナンバーはこちらから

公開セミナー

KFM公開セミナーは終了致しました。 

SPAC


S P A C ラ ス ト サ マ ー コ ン ベ ン シ ョ ン 
 御 報 告

 『ファッションビジネスの未来を問う』と題して8月29日に開催した第379回SPAC“ラストサマーコンベンション”では、200名を超えるメンバー企業トップ/幹部の皆様が参集して小島渾身の“最終提言”に耳を傾けました。続いての特別講演では株式会社ワールド代表取締役社長執行役員 上山健二様に変貌していく環境をリードする経営革新を、株式会社ユナイテッドアローズ名誉会長 重松理様に小売業の本質に立ち返る経営理念などリアリティ溢れるお話を頂きました。
 また、コンベンション後の懇親パーティでは株式会社オンワードホールディングス名誉会長 廣内武様、株式会社ファイブフォックス代表取締役社長 上田稔夫様、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社代表取締役社長兼CEO 増田宗昭様にご挨拶を頂戴し、小島の旧友も多数駆けつけて盛況なパーティとなりました。

S P A C 研 究 会
事務局長 小島 健輔

第379回SPAC研究会
LAST SUMMER CONVENTION
UAワールド様400

 
オンワCCC様400

会社概要

当サイト運営 流通・ファッションビジネスコンサルタント会社

株式会社小島ファッションマーケティングの概要

KFM

 数字だけでなくリアルな現場検証を重ねて実務を体系的に革新する一方、中長期の環境変化に対応するドメイン戦略と収益構造を展望し、マーケットと調達背景を繋いで新たな市場と高収益体質を獲得するビジネスモデルを創造していく、それが私達“ビジネス・エンジニア”の使命です。その原点は顧客と現場の実態に立脚した実証主義であり、決して仮説やイデオロギーに流されることはありません。どんなPDCAプラットフォームにも成功体験にも連作障害と賞味期限が避けられないという現実を直視し、マーケット/競争環境/調達背景の三面を睨んで環境変化に対応する業務プロセスとビジネスモデルの革新を適時に提案して行きます。
 売場の営業的再構築指導や商品計画・調達の実務指導といったオンタイムな業務から、先を見た出店戦略や調達〜ロジスティクス体制再構築、中長期の環境変化に適応するビジネスモデル設計や業態開発まで、MD/VMDのみならずオムニチャネルなリテイル・オペレーションやロジスティックス、組織、財務まで、クライアントの規模や経営状態、マネジメント風土など実情を直視して柔軟かつ体系的にサポートします。

サービス概要

  • 店頭クリニック
  • 教育研修
  • 業態再生/新業態開発
  • 商業施設の診断/リモデル企画
  • 新設商業施設の構成企画
  • デューデリジェンス(企業価値評価)

スタッフ募集

■ただ今募集しておりません。

お問い合わせ

株式会社小島ファッションマーケティング
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-18-6 岩動ビル3F
TEL:(03)3403-8233
メール:kfm@fashion-net.com
※メールアドレスをクリックして下さい。「お問い合わせフォーム」が開きます。
URL:http://www.fashion-net.com